【結婚ビザ】海外在住の夫婦が無職で日本に帰国

海外在住の夫婦が帰国して結婚ビザを取る方法

日本人と結婚した外国人は結婚ビザを取得することができます。海外在住のご夫婦が日本に帰国する際に、無職の状態で結婚ビザをもらうことができるのかご心配の方もおられるのではないでしょうか。本記事では無職で海外から帰国した際の結婚ビザの申請方法について解説します。

目次

在留資格認定証明書交付申請(COE)とは

新たに結婚ビザで日本に入国する際に必要となる手続きのなかの1つに在留資格認定証明書交付申請(COE)があります。在留資格認定証明書交付申請(COE)は査証発給申請を行った際にスムーズに査証発給を受ける為に必要となる申請です。

海外在住のご夫婦が在留資格認定証明書交付申請をする方法

結婚ビザを取得する際の在留資格認定証明書交付申請(COE)は一般的に、日本人が日本から代理人として申請します。しかしご夫婦で海外在住である場合には海外から在留資格認定証明書交付申請(COE)を申請することができません。海外から帰国して結婚ビザを取得するまでの流れは下記の方法をとることになります。

日本の親族に在留資格認定証明書交付申請の代理申請をしてもらう

海外在住夫婦が結婚ビザを取る方法のうちのひとつが日本にいる親族に在留資格認定証明書交付申請の代理人となってもらう方法です。代理人となれる親族の範囲は六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族に限られます。

多くの場合、ご両親に代理をしてもらうことになるかと思います。しかし、ご両親に配偶者ビザに必要な書類を収集・作成してもらうことが難しいといった点がこの方法のデメリットと言えます。

夫婦が海外に居る場合の結婚ビザ取得の流れ1

先に日本人が帰国して在留資格認定証明書交付申請を代理申請する

夫婦が海外に居る場合の結婚ビザ取得の流れ2

海外在住夫婦が結婚ビザを取るもう一つの方法は、先に日本人配偶者が帰国して、住居の準備を整えて在留資格認定証明書交付申請を代理申請する方法です。この方法のデメリットは数カ月の間夫婦が離れて暮らす必要があることです。また、万が一配偶者ビザが不許可になった場合に、再申請するか、再び日本人が海外に戻るかの選択が必要になり、ダメージが大きい方法でもあります。

経済的に安定していることが必要

結婚ビザをもらうためには経済的に安定していることを要します。しかし海外からご夫婦で帰国されるケースでは日本での就職がまだ決まっていない方も少なくありません。そこで、ご夫婦の毎月の給料以外の収入で経済的に安定していることを立証することがポイントとなります。

立証方法

ご両親と同居

ご両親と同居することによって家賃の負担が軽減されるため、結婚ビザの審査に有利にはたらきます。

ご両親の援助

日本での生活費を当面の間ご両親に援助してもらうことでご夫婦が無職であっても経済的に安定していることを立証することが可能です。

貯蓄

毎月の収入だけでなく貯蓄も経済的に安定している材料となります。一年程度の生活費を捻出することができる程度の金額が必要となります。

持ち家

持ち家で暮らす予定の場合には家賃がかかりませんので審査に有利にはたらきます。

海外在住のご夫婦が在留資格認定証明書交付申請をする方法まとめ

ご夫婦が無職のケースについて解説いたしました。準備が必要な書類や詳細な金額などはご夫婦の状況によって異なるため、記事内でご紹介することができませんでしたが、ぜひ具体的に聞きたい方は弊所の無料相談をお使いください。結婚ビザ許可の可能性とお見積りのご案内をいたします。

弊所のご案内

行政書士にしだ事務所

〒635-0057 奈良県大和高田市南陽町8番1号

初回無料相談。お問い合わせフォーム、LINE、微信は24時間365日受付中。

結婚ビザトップページへ

目次